スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大地で料理

do34_1

ダッチオーヴンは焚き火の熾きと共に大地で包まれ、料理される。
この一節に憧れてしまったのです・・・
田舎時遊人さんのホームページで菊池仁志氏の「ダッチ・オーヴン」という本を知り、すぐに本屋へ。
ダッチオーヴンを日本へ上陸させたといわれる菊池氏の本には、カウボーイに憧れた私の夢を、そのまま体験させてくれるような内容でした。キャンプダッチを買うきっかけとなった一節を紹介します。
・・・朝食を終えると焚き火の中にダッチオーヴンを沈め、再び熾きで覆う。ダッチオーヴンの中には昼食のための材料が詰め込まれている。仕事に出払ったキャンプサイトには誰もいない。ダッチオーヴンは暖かい大地に包まれ、たった一人で料理を始める・・・。

余裕のある日曜はこの先なさそうなので、今日はカウボーイになりきって牛タンシチューを作ってみました。これが材料です。

do34_2

タンを最初に軽く炒め、赤ワインを入れて30分煮込みます。
その後、材料とデミグラスソースを入れて熾きの中に沈めました。
1時間ほどで熾きをグローブで払いのけ、DOを取り出します。

do34_3

ワイルドな演出を楽しむには、敢えて牛タンも材料も丸ごとです。
密封性の良さが水分の蒸発を防ぎ、熱を芯まで届けてくれます。
丸ごとの牛タンもジューシーで柔らかく仕上がりました。

do34_4

う~ん、このロケーションがたまらないです!


暖かいクリックを!

おまけのクリック!

ありがとう!
関連記事

コメント

この具の大きさは迫力がありますね
この大きさでも火が通るのはビックリ!!

ワイルドさがなんとも言えないよ
まさしくカウボーイですね
格好を決めて料理をされているのですか?

2007/03/05 (Mon) 09:35 | northin #LkZag.iM | URL | 編集

こんにちは。
そして、いったっだっきまーっす!!
なんておいしそおなシチューーーv-529
ダッチオーブンのことはわかりませんが、
このような使い方もあるんですね。
ごろごろ入ったお野菜、まんまのタン。
かっこいいですね。e-343

2007/03/05 (Mon) 11:56 | しいまま #halAVcVc | URL | 編集

northinさん
この太さで中まで火が通るのはダッチオーヴンならではですね。
撮影用にワイルドな演出したこともありますが、さすがに服装まではカウボーイじゃないですね。
職人前掛けはしてましたけど・・・。

2007/03/05 (Mon) 12:52 | 写風人 #- | URL | 編集

しいままさん
美味しさが伝わりましたでしょうか。
料理の写真はシズル感が大切ですから、本来なら湯気が立ち込めると良かったのですが・・・。
気候が暖かいのと、一人で撮影していたのでちょっとモタついてしまいました。
しいままさんもどうですか!
ぜひダッチオーヴンで料理のアートを・・・!

2007/03/05 (Mon) 13:02 | 写風人 #- | URL | 編集

私も、菊池仁志氏の本は読みました。
それを写真で見ることが出来てわくわくします。
この後の週末は忙しい日々が続くのですか?頑張って下さい。

2007/03/05 (Mon) 19:33 | 外道s #5AXDTSnc | URL | 編集

あのフレーズ、私もガツ~んと感動しました。しかし、このような調理法は試した事がありません。
それを実践する写風人さんは凄い!私も見習って、やってみようかな?(・・・おいおいその前に、ベビーダッチをシーズニングしろよ!・・・は~い!)

・・・で、お味の方は・・・?

あっ!グレープシードオイル使ってる!私も最近グレープシードオイルにしてます。健康のために・・・

2007/03/05 (Mon) 20:57 | 田舎時遊人 #cegDMDc6 | URL | 編集

よっし!

まねしよう!

2007/03/05 (Mon) 22:27 | gerpike #- | URL | 編集

美味そっ!!
しかもなんともワイルドでカッコいい(^^)
菊池サンの本は読む者をノックアウトしてしまうので困りモンですよね(笑)

ボクもダッチ始めたての頃に好物のタンシチュー作りました♪あ、こんなカッコイイ作り方ではなくて普通の作り方ですが・・(^^ゞ
最初にタンだけ2時間程蒸してから野菜と一緒に更にじっくり煮込んでみたら・・・、箸でカンタンに切れるほどトロトロに柔らかくて感動しました(^^♪

2007/03/05 (Mon) 22:51 | GROSS72 #- | URL | 編集

外道sさんも読まれましたか。
ご自分でされると、もっとワクワクしますよ。
店は日曜定休ですが、たぶん夏までは婚礼撮影で日曜がつぶれてしまいますね。

時遊人さんのホームページから学んだ事が多いのです。
グレープシードオイルもそうですよ。
お陰でいろいろ体験できて嬉しく思っています。
味の方ですが、牛タンは癖があって女性にはウケが悪かったですね。牛テールにすれば良かったかも。

gerpikeさんは、そう言うと思いました。
是非試してみてください。
熾きはあまり熱すぎるとすぐに焦げてしまうので注意して下さい。
また、報告を楽しみにしています。

2007/03/05 (Mon) 23:06 | 写風人 #- | URL | 編集

GROSS72さん
タンシチューは好物なんですか?
私の調理時間は少し短すぎましたね。
噛みごたえのあるタンに仕上がってしまいました。
シチューはもっとじっくりと煮込まないとダメですね。
次回挑戦してみます。

2007/03/05 (Mon) 23:13 | 写風人 #- | URL | 編集

いいですねー。
熾きからだした灰まみれのDOが、すばらしい雰囲気をだしていますよね。
どこかでやってみたいな。
でも自分は豚バラのカレー程度かな(笑)

2007/03/06 (Tue) 22:37 | Zono3 #CjlWd7YA | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。