奥の手チェンソー

夏場はご無沙汰でしたが、チェンソーのガソリン臭さが懐かしい・・・。

0909maki1
玉切りじゃなくて、縦切りっていうのかな? こうして伐ると木くずの量がすごいね。

感心してる場合じゃないでしょ!
大体玉切りしてから数ヶ月も放置してるから、こんな切り方することになっちゃたんでしょ!
そうなんです。大量の原木を玉切りして、ホッとした気のゆるみがズルズルと・・・。

今やくさびを打ち込んでもこっちの骨にヒビが入ってしまうほど固い固い。
非力な薪割り機も役立たず、こうなったら奥の手。チェンソーに頼るしかありません。

0909maki2
取り敢えず半分に伐ってみたものの・・・

それでも割れません。

あの手この手でなんとか割れたのが、この桜の木。しかし今回はこれまで。

0909maki4

まだ積む作業と大量の木くずの掃除が待ってますから、体力を温存しておかないとね。

残りはどれくらいかな?

0909maki3
右側は4列あります。 あ~、ちょっと憂うつ・・・。

ケヤキはもっと早めに割っておけば良かった・・・。
(何故かケヤキ以上に固い正体不明の丸太もウヨウヨいます。)

この教訓を次に生かせるだろうか?
いや!いつも生かしきれていないダメな薪焚き写風人です。

でも
薪に囲まれているのは、うれしい~!

関連記事

コメント

これはたいへんだ

縦切りはたいへんですね。
けど、チェンソーの切りこを見ると、しっかりと目立てをされているようで、サクサク切れたのかな?

しかし、まだまだ 丸太が残ってますね。がんばってください。

という私も、玉切りさえも出来ていない丸太の山が・・・・・・。

2009/09/22 (Tue) 10:39 | くぼた #- | URL | 編集
うらやまし~!

この量の薪を観ると、薪焚き人ならみんなよだれ物です。
それも堅木ばかり!薪作りは大変でしょうがその後が楽しみでしょう。
でも堅木なら最低2年は置いた方が良いから、再来年の楽しみですね。

この大鋸屑で燻製にチャレンジしてみては?

チェンソーの目立ては自分でしているのですか?

2009/09/22 (Tue) 18:18 | 外道s #5AXDTSnc | URL | 編集
くぼたさんへ

しっかり目立てして、しまってありましたから切れ味最高でしたよ。

くぼたさん家も大量のケヤキが手に入ったんですね。
でも馬力のある薪割り機があるからいいですよね。余裕じゃないですか。

2009/09/22 (Tue) 23:18 | 写風人 #- | URL | 編集
外道sさんへ

大変なんてものじゃないですよ。
「さぁ、薪割りしよう!」っていう気にならないので困ったもんです。

目立てに関しては自分でやってますが、恥ずかしながら煙突掃除は業者任せです。今年こそ、やってみようと思ってますけど・・・。

2009/09/22 (Tue) 23:29 | 写風人 #- | URL | 編集
とってもいい光景ですね~

この時期になると確かに体が薪割りをしたくなってきますが、なかなかもらいに行ったりするのも大変で・・・・・
本当に羨ましい光景です!いつかダットラでも手に入れないと、薪に囲まれた生活はく無理かな・・・うちはもっぱら大工さんからもらう角材です・・・・・

2009/09/28 (Mon) 23:54 | 浅間やん #/9hBKkrU | URL | 編集
浅間やんさんへ

確かに自宅に持ってきてしまえば、地道に作業するだけですが、原木の運搬が最も大変ですね。

2009/09/30 (Wed) 12:50 | 写風人 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する