秘境山岳珈琲

午後から雨模様。良かった~、屋根つけて。補強は後々ゆっくりと・・・。

09nu1
それよりも仕事がたまっちゃたから、今夜は珍しい珈琲でも飲んで、徹夜するぞ!
夕方珈琲がないことに気付き、いつもの「コーヒーロースト」さんにお邪魔すると、
「変わった珈琲豆入ったから、一度飲んでみてよ」とその場で淹れてくれました。
豆の形でも変わっているのかな?と思えば、産地が中国なんだそうです。
中国産という先入観があってあまり期待はせずに(ごめんなさい・・・)
ひと口飲んでみると「おっ、飲みやすい!」
「試しに深く煎ったけど、苦くないでしょ。」
香りも香ばしく、クセのない軽やかな珈琲です。後味があっさりして透き通った味というのかな?
「じゃあ、深煎りを味わったから僕のは中深煎りで!」

これが中国産といわれる「ヌージャンリュー」です。

09nu2
(これが!といってもラベルだけで、中身分かんないですよね~。)

地名をそのまま珈琲名にすることが多いのですが、
これは雲南省南部の怒江流(ヌージャンリュー)付近に住む少数民族が密かに丁寧に栽培しているコーヒーだそうです。
「秘境山岳珈琲」なんて地形が思い浮かびそうなネーミングですね。

さて、中深煎りの味はどうかな?

09nu3
(左手で淹れて右手で撮影しているので、イマイチこんもり膨れていません・・・)
う~ん、お店で飲んだ深煎りよりもあっさりしていて、何杯でも飲めそう。
価格もお手頃だし、写風人のお気に入りに追加しよう!

いかんいかん!ブログを書いている暇はない。仕事しなくちゃ!
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する