カーボンニュートラル

BESSウェルカムニュースには、薪焚き人に心強い記事が・・・

10co21
なんと「薪ストーブのCO2削減効果はハイブリッド車の5倍」だそうです。

そんな見出しに惹きつけられましたので、ご紹介します。

東北大学大学院の研究室が「薪ストーブのCO2削減効果は想像以上に高い」と新聞発表されました。それは薪ストーブと灯油ストーブを比較した場合、同じ熱量を生み出すのに必要な年間の燃料は、薪6㎥に対し灯油1200ℓ。1200ℓの灯油は燃焼によって約3tのCO2を排出します。しかし植物由来の薪は、燃焼によってCO2を排出されますが、植物は成長過程で同じ量のCO2を吸収するので排出量は±0。環境中の炭素循環量に対して中立、つまり薪ストーブは「カーボンニュートラル」なのです。
一方、エコカーブームの車に例えてみると、ガソリン車に対しハイブリッド車の年間CO2削減量は約0.6tと想定されています。灯油ストーブと薪ストーブの差が約3tと考えると、ハイブリッド車のなんと5倍ものCO2削減効果があるのです。

・・・なるほど、そういう論理ですか。
薪ストーブユーザーは地球温暖化対策に貢献しているということなんですね。
薪ストーブにエコポイント、いつになったら付くんでしょうね?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する