スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏山の八幡神社

神社1

我が家の裏山の南側には村社の八幡神社があります。
犬の散歩道である裏山の雑木林を10mほど抜けると八幡神社の社が見えてきます。いつもは神社の裏側を散歩していますが、お正月ですので正面にまわりお参りをしてきました。山を隔てた南側は工場地帯ですのでほとんど人気はありません。私と愛犬「銀」の貸切です。
神社2
八幡神社はどうして何処にもあるのでしょう?調べてみると・・・
「源氏は鎌倉幕府を開いて武家の頭領となって、八幡神社は武勲をあげる御利益があるとされ、武士の多くが八幡神社を信仰するようになり、室町時代や戦国時代になっても、各地の守護大名や武将(戦国大名)の多くが領地内に八幡神社を造った。」とあります。
それがこの地域で守られ、村社という社格で残っているのでしょうね。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。