焚き火も色々

3月になると忙しくなりますから、今の内に薪割りを済ませておかないと・・・

10sao1
とか言って、焚き火を楽しんでるんじゃないの?


そうなんです。
薪割りの傍ら(焚き火の傍ら、薪割りでしょ!)二ヶ所のかまどで焚き火です。

10sao2

手前は物干し竿スタイルのかまど。
一度にたくさんの鍋やケトルを掛けられるので、料理には便利なスタイルです。

枝で竿を作る場合のポイントですが、

10sao3

Yの字の枝はハンマーで打ち込むと割れてしまいます。
まっすぐの幹に枝分かれしたものなら、ガンガン打ち込めますよ。

次に焚き方です。
調理に向いているのが並列型。

10sao4

耐熱レンガがなくても、太めの丸太を2本並べればそれでオーケー。
2本の丸太の中に、スギッパなどの焚き付けから小枝へと積み上げ点火します。
火力が強くなったら炎を覆い隠すように太薪を足していきます。
ポイントは必要以上にすき間を開けないこと。
並列型は派手に燃えさかる焚き火ではなく、薪の消費が少ない効率の良い焚き火なのです。

10sao5

熾き火がかまどにたっぷりできると料理には最適の状態です。

マタギや山のプロの焚き火は、炎が上がらず素人には焚き火だと分からないそうですよ。
(焚き火大全より)

一方、石で囲んだかまどでは、

10sao6

合掌型でガンガン燃やしています。

薪ストーブには適さない朽ちた薪が、一年以上山積みされたまま。
とにかく早く燃やし尽くしたい。
そのためには薪を斜めに立て、円錐型に組んでやれば燃える燃える!

単純な焚き火も、色んなスタイルがあって奥が深いですね~。
もう雪は降りそうにないけど、雨の中の焚き火も楽しそう!

関連記事

コメント

こんばんわ

うぅ~~っ…焚き火…したいっ!!
来月の連休に、キャンプ場で焚き火してきます( ̄∀ ̄)ノ


薪割りの傍ら、焚き火…憧れちゃいます!

2010/02/26 (Fri) 00:45 | あつHD #- | URL | 編集
あつHDさんへ

こんばんわ。

来月、根尾に行かれるんですか。
いいですね~。
久しくキャンプはしていませんので、あつHDさんの報告を楽しみにしています。
気をつけて行ってきて下さい。

2010/02/26 (Fri) 23:07 | 写風人 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する