タジン鍋で蒸し野菜

鉄鍋派の写風人には似合わない画像ですね。(しかもピンクだし・・・)

10tajin1

実は後輩から「タジン鍋をもらったので夕食に来ませんか。」と、誘われたのです。


「ありがとう、行く行く。」
「来るときに、食材を買ってきてもらえないですか。」
「いいよ、何を?」
「お任せします。」
「お任せって・・・?」

どうやら夫婦揃って料理が苦手なようで、料理の本もパソコンもないらしい。
要するに私に作りに来いということでした。
まぁタジン鍋も面白そうだし、たまには出張サービスもいいかな。
すぐにタジン鍋のことをネットで調べてみると・・・

・・・孔のない三角の蓋が食材の水分を循環させて蒸し焼きにするから食材の旨みを逃がしません。またノンオイルで調理ができるので、大変ヘルシーでキュートな優れものです・・・

なるほど!
ダッチオーブンのセルフベイスティングシステムのようなもんですね。

野菜不足とか言っていたので、海の幸と季節野菜を蒸してみようかな。

10tajin2

実家の畑でブロッコリーを摘み、エビとホタテと野菜を買い込んで後輩宅に向かいました。

後輩宅に到着し、タジン鍋と初のご対面。
とんがり帽子のような蓋が特徴的。食材から上がった蒸気を温度の低い上部で冷やし、再び水滴となって食材に降り注ぐという仕組みだそうです。
なるほど、水が貴重な砂漠地帯の知恵と工夫ですね。

これで蒸し野菜っていったら調理法とかレシピなんてもんじゃない。
食材に軽く塩をまぶし、鍋に並べて弱火で10分~15分。
これこそ超手抜き料理じゃないですか。

10tajin3

エビとホタテの風味が野菜にしみ込んで、ぽん酢で食べればとってもヘルシー。

「贈り主は、ちゃんと知ってたんだ! 君たちが料理出来ないことを・・・」

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する