ポール社長の拘り

ZCOO-SHOPを入って目の前に現れるのが・・・

10092201

Vermont Castings を全米に知らしめた初代デファイアントです。

本来、真っ先に目に飛び込んでくる場所に置かれているデファイアントですが、
心ここにあらずと申しましょうか、まったく気が付かずに・・・。
帰り際に「そういえば、初代デファイアント見た?」と聞かれて、再び店内に戻って撮らせていただいたのがトップの写真です。
現在のものより遥かに大きくて迫力満点です。
前面ドアは鋳鉄製で、トップローディングに加えサイドローディングも取り付けられています。
年代物には歴史の重みを感じさせる風格がありますね。

私がアンティーク物に興味がある事を知ると、
「こちらへどうぞ。」と ZCOO-SHOP から奥の部屋に案内され、「わぉ!」

10092202

スタッフブログでも紹介されていたアンティークストーブの数々。
よく見るとハスクバーナ製のようです。(下のVermont Castings は違う土台です。)
スウェーデンに訪問された際に、輸入を検討されたそうですが、
4月のブログを見る限り、使い物にならないんじゃない?と思うほど錆びていたんですよ。
ところがどうですか!

10092203

まったく新品同様に磨き上げられています。修復技術も素晴らしいです。
(余談ですが、奥に見えるのが1980年代のイントレビッド。このグリーンもいいですね~)

10092204

特にこのアイロンストーブを見比べていただければ、どれだけ修復されたか歴然です。
これは非売品のようですが、クッキングストーブは販売されてますよ。
もちろん、使用可能ですからキッチンにどうですか?

他にもLODGEより歴史の古いダッチオーブンを見せていただいたのですが、
夢中になって眺めていたのでメーカー名も写真を撮ることすらも忘れてしまいました。
「えっ?どんなのか気になる?」・・・ごめんなさい。

これらのアンティーク物は、世界各国を巡りご自身の目で確かめられているからこそ、
価値あるものが輸入される訳ですね。

アクサリー類に関しても、単に既製品を取り扱っているだけではありません。
カタログをご覧になった方は分かると思いますが、商品にOriginalマークがついているのは、
ポール社長が考案し商品化したものです。
例えばグランマーコッパーケトル。
これはポール氏のおばあさんが愛用していたケトルを再現したものでインドへの特注品です。

10092205

上段右側にあるのが初期のケトル、左下にある輝いたケトルが新発売のミニケトル。
発売されてすぐに購入した私のケトルと現在の物とは注ぎ口や取っ手などが改良されています。
一度作ったら終わりではなく、ご自身で使われたりユーザーの声を反映されたりして、
常に改良され続けているのです。
アクセサリーひとつをみても拘りが感じられますね。

最後に倉庫も案内していただき、ちょうど検品・補修作業の場面も拝見できました。
FIRESIDEでは入荷後に再検査・再調整をしてそれぞれの代理店に出荷されます。カタログにもその事が載っていますが、大体「へぇ~、そうなの。」と読み流してしまいますよね。
ところが驚いたのはこの後です。
倉庫の外のゴミ箱に案内され覗き込んでみると、薪ストーブのパーツがゴロゴロ捨てられているではありませんか。キズが付いたりした不良品はパーツ交換し、不良品は廃棄処理されるそうです。
不良品といっても、見た目きれいな物もあるんです。
「欲しい?」とポール社長に聞かれて、アンコールの天板をこっそり頂いてしまいました。
(内緒ですけど・・・)

10092206

これが処分されちゃうんですよ。よ~く見てもどこが不良品か分からないくらいです。

ここまで徹底して商品管理をされてることは、実際に訪問して初めて分かることですよね。
ポール社長のお人柄から製品への拘りがひしひしと感じられ、
ますますFIRESIDEのファンになってしまいました。
でもここに紹介したことはほんの一部。
まだまだお聞きしたいことが山ほどあるんです。いっそ従業員に、いや居候でもいい。
・・・なんて

関連記事

コメント

アンチークのダッチオーブン...

メーカー名がGriswoldです。50年前まで製造していましたが、

2010/09/25 (Sat) 10:32 | bosstweeds #FvI0g.jE | URL | 編集
ポール社長 様

わざわざありがとうございます。
Griswoldというダッチオーブンがあることすら知りませんでした。
取っ手の部分のデザインが洗練されてカッコ良かったです。
今、手に入れようとするとオークションに出るのを待つしかないでしょうね。

「Griswold ダッチオーブン」で検索すると、すでに写風人のブログが出ていました・・・。

2010/09/25 (Sat) 13:08 | 写風人 #FMwsOtrU | URL | 編集
観てみたい!

そのデファイアントが観たい!
てっ言うか、その場所に行ってみたい!

2010/09/25 (Sat) 18:11 | 外道s #5AXDTSnc | URL | 編集
外道sさんへ

やっぱりフランクリンタイプを使っていた外道sさんには、このデファイアントは興味深いんじゃないですか。
我が家まで来ていただければ、1時間半で行けますよ。

2010/09/25 (Sat) 23:37 | 写風人 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する