鉄鍋と木製看板

マッチも元々はカウボーイに憧れて集め出したんだけど・・・、

10kanban1

こんなものもウェスタン調なんです。

レトロな看板は国内外問わず味があって好きなんですが、
昭和初期の看板を飾っちゃうと、それこそ古道具屋になってしまいますからね。
やっぱり薪ストーブやダッチオーブンにはアメリカンでしょ。
アメリカ雑貨の Candy Tower で、西部時代の看板を見つけました。

10kanban2
(画像はCandy Towerさんからお借りしました。)

150種類ほどある看板の中から、唯一目に止まったのがこれです。

10kanban3

イラストもスキレットにそっくりだし、文字も薪ストーブ料理にピッタリでしょ。

The foods not that bad either 直訳すると「そんなに悪くもない食材」かな?
「これ、結構いけるじゃん!」ってとこですかね?
もちろんレプリカでしょうけど、なかなかレトロっぽく仕上がっていて渋いです。

でもこれなら自分で作れそうかな?
デファイアントやキャンプダッチのイラスト入りでオリジナル看板もいいかも。
いや、だめだめ。今は我慢。
写風人の業界って秋はとても忙しいんです。
この時期に仕事を片付けておかないと冬はない!・・・と分かってるんだけど、
実は頭の中は薪ストーブのことでいっぱい。
暇さえあれば小物の入れ替えをして、ストーブ廻りをちょこちょこいじってるんです。

次はお気に入りの木箱を紹介してみたいと思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する