薪の水分率は?

頼るつもりはなかったのですが、やっぱり購入してしまいました。

10gansui1

薪の乾燥状態をチェックするソニン含水率計です。

14年間焚き続けていますが、薪の含水率など気にしたことはありませんでした。
というより1年半は乾燥しているので間違いないと思ってたんですけどね。

先日シュウヘイさんとアベマキ狩りに出掛け、原木が大量に持ち込まれる事になるのですが、FL岐阜の薪置き場は満室状態です。
薪棚を整理したいということで、軽トラ一杯分を分けていただきました。
(この薪置き場以外の大きな倉庫も満杯なんです。)

10gansui2

ただ、この薪は割られた時期がまちまちなので、一度含水率計で測ってみようと思った訳です。

電源は9V角型乾電池使用で、2本のプローブを薪に差し込んで計測します。
ただ表面にいきなり差し込んでも正常に測れないので、割ってすぐに測らなければなりません。
更に正確に測るにはプローブの先端を4mmほど押し込む必要があります。
薪ストーブでの理想的な含水率は15~20%程度ですので、目盛り7までならバッチリ。
薪の含水率は0%ということはありえないので、
もし目盛りが0を表示したなら、それは測り方がまずいんじゃないですか・・・。

10gansui3

この薪の場合は目盛り5弱ですので17%前後です。これならすぐにでも使えそうです。

試しに今年春に伐った中太の薪を割ってみました。

10gansui4

そっと触れるだけで目盛り8ですから、これ以上差し込んで計測するに及びません。
たとえ細くても薪は割って干した方がいいってことですね。

まぁここまで緻密に測らなくても、十分乾燥すれば問題ないですけどね。
ただ今シーズンはデファイアント1年目ということで丁寧且つ忠実をコンセプトにしていますから、含水率計を有効に活用しながらデータづくりもしてみようかと思っています。
含水率計は住宅などにも使えますし、いろんな物にプチプチ差し込んでも楽しいですよ。

ちなみにFL岐阜にも貸出用があるようですので、興味のある方はどうぞ。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する