焚き火ウェア2

昔々、あるところに写風人さんが住んでいました。

11parker1

写風人さんは、パーカー着込んで山へ柴刈りに・・・

本題に入る前に「柴刈」についてネットでいくつかの質問が目に付きました。
Q、「おじいさんは山に芝刈りに」って山に芝が生えているの?
A、この場合「芝」ではなく「柴」です。山で雑木を刈り取ることを「柴刈」というのです。
Q、「焚き木を拾ってくるの? そんなの毎日必要か? 現代でもそんな人いるの?」

こんな疑問をいだいている方っているんですね~。
現代でもそんな人いますよ。ここに。
ここだけじゃなくて、煙突のある家には柴刈が潜んでいるかも・・・?

我が家の場合、裏山は雑木の宝庫。
枯れ枝を拾い集めれば山の手入れにもなるんだけど、
写風人は枯れ枝が朽ち果てるのを見ていられない貧乏性なのです。

前置きが長くなりましたが、今回は柴刈の話ではなく、
WILD-1×GRIP SWANYの焚き火ウェアシリーズ「ファイヤーパーカー」の話題です。

11parker2

こんな密集した雑木林には、いつもファイヤーパーカーを着込んで踏み入ります。
枝が引っ掛かっても破れないし、クモの巣が張り巡らされていてもパーカーを被れば完璧。
フィールドジャケット同様両手が二重に補強されているので、薪運びにも頑強な作りです。

11parker3

丈はフィールドジャケットよりも長く、
お尻もすっぽり覆うのでどんな場所でも平気で体操座りできちゃいます。
また大型のポケットが3つ、ハンターもピッタリ収まるので両手が自由自在。
生地はヘビーオックスフォード。しっかり目が詰まっているので、多少の火の粉も大丈夫。
化繊ではとても恐くてできないような、こんな事も。

11parker4

薪ストーブにピッタリくっついても、腕を突っ込んだりしても、ヘッチャラ。
と言って過信すると火傷しちゃいますけどね・・・。

このパーカー、しいて難を言えば、着にくい。
前面ファスナーの方がいいかな。
胸ポケットも欲しいな。

ということで、日々柴刈りに励んでいる写風人でした。

関連記事

コメント

ゲット

写風人さんから以前見せて頂き「着にくいですよ」とアドバイスを受けたのですが、写風人さんの着こなしがあまりにもカッコイイので、真似してこちらも購入しました。確かに脱ぎはぎが大変です。 でも長く愛用できそうな商品ですね。

2011/12/01 (Thu) 18:37 | matsuzawa #- | URL | 編集
matsuzawaさんへ

あらまぁ、買っちゃいましたか。

確かに着たり脱いだりが大変ですよね。
ポケットに斧を入れるのも不安定なので、ベルトを縫いつけて斧や鉈が留められるように改良しようと思います。

前掛けがあるように、ファイヤーサイドのオリジナル「薪焚き人ジャケット」なんて商品が出来るとうれしいな。

2011/12/01 (Thu) 22:44 | 写風人 #FMwsOtrU | URL | 編集
そうですね

実際いろいろ着てみないことには良い開発はできませんから、買いあさっておりますがいつになるか・・
このパーカーも肘あてを縫い付けたりカスタムしようと思ってます。楽しそうですね。

2011/12/02 (Fri) 12:46 | matsuzawa #- | URL | 編集
matsuzawaさんへ

「日々、柴刈りに励んでいる」と書きましたが、実は忙しくて薪割りも出来てない状態なんです。指も完治し、仕事のピークも過ぎたので、そろそろ本格的に残っている薪づくりを始めようかなと思っています。いろんなシーンでパーカーの機能も調べながら、自分なりにカスタマイズしてみようかな・・・。

話は違いますが、昨年デファイアントを設置して一ヶ月が過ぎた頃から、外に煤が舞うようになったのですが、私にコメントをくれるエースさんも同じ症状のようです。煙突内部のシールが焼け剥がれたかもしれないと施工業者が説明されたようですが、かなりの量の煤が飛んでます。新聞紙などを燃やしている訳でもないし。
そんな症状は聞かれたことがありますか?
エースさんは一度相談に伺いたいそうです。
ちなみに2年目の我が家は出なくなりました。

2011/12/03 (Sat) 23:52 | 写風人 #FMwsOtrU | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/12/05 (Mon) 12:45 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する